売れる!のぼり研究会




マスクがあることをアピールできるのぼり旗を作る

流行病や感染症が懸念される場合には、マスクの需要が高くなり、
店頭で手に入れられる機会が極端に少なくなる場合があります。

店頭に商品がない状態が続くと、在庫の有無を聞く客の対応が多くなったり、
ないものだとあきらめて来店しない顧客も現れるため、入荷した時には
きちんとアピールしたいものです。

適切に知らせる

そのようなときには「マスクあります。」と書かれたのぼり旗は有効です。
のぼり旗の良さは、遠くからでもアピールできることで、新規顧客の開拓につながったり、
来店時にマスクの有無を尋ねられることが軽減され、従業員の負担を
減らせる点にあるといえるでしょう。

マスクがあることや入荷したことを効果的にアピールするには、
使用するのぼり旗のデザインにも着目することができます。

他の文字と比較して「マスク」の文字がより大きく記載されていると
お客さんが認識しやすくなります。

赤十字マークを記載したり、マスクをしている人のイラストを一緒にのせているものだと、
視覚に訴えたわかりやすいデザインとなります。

最近ではカラーバリエーションが豊富にそろえられているので、
お店のイメージカラーなどに合わせて選べるようになっています。

他店との差別化が図れるのぼり旗

マスクを取り扱うお店が増えてくると、他店との差別化を図ることが必要となってきます。

その点で効果を上げるのが、オリジナルののぼり旗の存在です。
マスクがあることをアピールするのぼり旗は種類も豊富で、カラーバリエーションも様々です。のぼりのカラー

効果が高いものもある反面、他店と同様のものを用いると来店数の増加には結びつけにくいかもしれません。

その点、ほかにはないオリジナルののぼり旗であれば、目にとめてもらいやすく、記憶にも残りやすくなります。

唯一無二のものを作ろうとする場合に差別化できるのが、大きさです。
定番のサイズよりも太いものやあえて細いものとすることもできます。

さらに色数を増やすこともできるでしょう。

定番のものだと一色や二色しか使われていないものも多いですが、色数を増やすことで
より差別化を鮮明にすることができるはずです。

カラーをどうするかを考えるにあたり大切になってくるのが、使用する生地です。
使用する生地によってプリント方法や仕上がりが違ってくるため、イメージする色合いなどで
化繊のものにするか綿生地にするかを決めるとよいでしょう。

また、営業時間が長いお店の場合は、耐久性も考慮した生地や縫製の仕方を検討することも大切になってきます。

 

コスト高  依頼者の希望  目立つ  雰囲気作り  経済的  魅力的   二の足   重厚感   防炎加工   傷みやすい   作成キット
付属品   のぼり専門   好きな柄   存在感   知らせる