売れる!のぼり研究会




応援のチャンスを作る旗の存在

存在を把握していなければ、応援するきっかけを作ることすらできません。
スポーツなどでサポーターを増やしたいというときには、どのように興味を持ってもらう
きっかけを作っていくかがポイントの1つです。

そこできっかけを作るための方法の1つとして利用できるのが、のぼり旗です。

知るきっかけ

のぼり旗は、街中などさまざまな場所に気軽に設置できるものです。
設置する数を増やすことによって、多くの方に知ってもらうきっかけを作ることにもつながります。

また活動内容を知らせるという役割もあります。

例えば町田市では、ゼルビアのぼり旗が活用されています。
ゼルビアのぼり旗を知ることで、多くの方が地元のサッカーに興味を持つ
チャンスを作っていくことが可能です。

地元にチームがあったとしても、知らなければ応援するきっかけは作れません。
そのため旗を使うというのは、今まで存在を知らなかった方でも
興味を持つチャンスを作るうえで大切な役割を担っている要素なのです。

市民が使う郵便局への設置!

FC町田ゼルビアののぼり旗は、実は町田市の全34の郵便局に設置しています。
パートナー企業という立場を活かして、市内の郵便局にFC町田ゼルビアののぼり旗を設置しているのです。

ここでポイントとなるのが、郵便局というのは市民の多くが利用する施設だという点です。
定期的に利用する機会が多いので、立ち寄った際に旗を見て興味を持ってもらうきっかけを作ることにつながります。

また旗といっても、大きなサイズのものからミニサイズまでさまざまな大きさのものがあります。
大きなサイズのものであれば、屋外に設置することで歩いている方が見ることができます。

一方でミニサイズのものであれば、郵便局の窓口などに設置することも可能です。
使うサイズを工夫することで、より多くの方に見てもらうことができるのです。

サイズで工夫

FC町田ゼルビアのPR活動は、さまざまなサイズの旗を活用することで、より効率の良い形で行えるように工夫されています。

 

コスト高  依頼者の希望  目立つ  雰囲気作り  経済的  魅力的   二の足   重厚感   防炎加工   傷みやすい   作成キット
付属品   のぼり専門   好きな柄   存在感