売れる!のぼり研究会




雰囲気づくり

無地ののぼり旗は一見地味で、シンプルに見えます。
しかし、その使い道はアイデア次第でいくらでも広がります。

無地のぼり

まず、無地であることを利用して、そこに絵や文字などを書き入れる方法や、
別の布を貼り付ける方法があります。

これは、オーダーメイドで専用の旗を作るよりもコストが安く済みます。
また、コストが安い事で使い捨ても出来ます。

また、のぼり旗も経年で劣化していくものですから、新調すべきタイミングで
手軽に換えられるのは大きなメリットです。

数を用意することも出来ますから、アピール力も結果的に高くなると言えるでしょう。
そして、無地のままでも使い道はあります。

これは雰囲気作りのために有効です。
文字の入ったのぼり旗と併用してもよいでしょう。

併用

のぼり旗は非常に目に入りやすい物ですから、見てほしい物の近くに
置いておくだけでも効果があります。

視線誘導を上手く使うことにより、あなたのお店はより素晴らしいものになるでしょう。

HOME  のぼり製作費用  基本的な使い方  家紋入りのぼり  メニューのアピール  集客力を高める  のぼり色の配置  伝わりやすいのぼり旗  コスト高  依頼者の希望  目立つ  雰囲気作り  経済的  魅力的   二の足   重厚感のぼり旗   防炎加工   傷みやすいのぼり   作成キット  のぼりの付属品   のぼり専門   好きな柄   のぼり旗の存在感   知らせる   告知   未来への投資  トータルデザイン  SITEMAP