売れる!のぼり研究会




販促につなげる

通販サイトで手に入るのぼり旗は、色々な用途に使うことができる便利なアイテムですが、
どういった用途に使うかによって、こだわるポイントが変わってくるものです。

例えば、通販サイトののぼり旗を販促に利用するには、買いたい、行ってみたいと
思わせることができる魅力的な内容にしなければなりません。イラスト入り

飲食店の場合には、通販サイトで既製品の中から選ぶだけでなく、オリジナルのデザインで
のぼり旗を作成するのも効果的です。

そして、その際には食欲をそそる書体や色を選択したり、おいしそうに感じるイラストを
載せてみるなど色々とこだわり方はあるものですが、言葉の内容を重視して
デザインを考えることも大切です。

例えば、サービスランチという言葉を使えば、お得なランチメニューがあることを伝えることができます。

もっとハッキリとアピールしたい場合には、ワンコインランチという言葉や
500円玉のイラストを使って、500円で食べられるメニューがあることを
アピールするのも良いでしょう。B級グルメ_飲食

このように、情報に具体性があると、お得さをイメージしやすくなりますので、
利用を検討しやすくなるものです。ちなみに、通販で入手可能なオリジナルの
のぼり旗というのは、既製品のデザインに文字を追加するだけという
簡単に作成できるタイプもあります。

既製品の中に気に入ったデザインがあり、そこにちょっと手を加えれば
十分と感じるのであれば、一からデザインを考えるのではなく、
文字を追加するだけでも良いでしょう。

戦国武将が掲げる家紋入りのぼり旗の役割

現在、のぼり旗は販売促進のために設置するのが一般的ですが、
戦国時代はそうでは無かったようです。

戦国時代におけるのぼり端は、各武将の家紋があしらわれていました。

例えば風林火山で有名な武田信玄の場合、ひし形が四つ集まったものや
風林火山の文字があるものを使っていたようです。

武田信玄だけでなく、織田信長は永楽銭、豊臣秀吉は
桔梗とそれぞれの武将とわかる美しい旗を持っていたのです。

家紋だけでなく、伊達正宗の場合は紫、武田信玄は青、
織田信長の黄色などカラーにもこだわりがあったようです。

なぜ、家紋やカラーにこだわったのぼり旗を戦国武将がこぞって作っていたのかというと、
戦場で兵士が敵か味方かをすぐに判断するためだと考えられています。

兵士は自分が仕えている武将の旗を目印にして、敵か味方かを判断していたのでしょう。
こののぼり旗を目印として、武将に仕える人は戦に明け暮れていた自体があったのです。

日本人は四角の旗を見ると士気が上がると言われているのも、こうした歴史があったからかもしれません。

コスト高  依頼者の希望  目立つ  雰囲気作り  経済的  魅力的   二の足   重厚感   防炎加工   傷みやすい   作成キット   付属品