売れる!のぼり研究会




設置場所

のぼりをとりあえず歩道に設置していませんか?

もちろんのぼりを歩道に設置するのは間違いではありません。
実際に多くの店舗や企業がそのようにして使用しています。

しかし、現在はのぼりのバリエーションが増えました。
サイズも様々選べます。
だからこそ、もっと設置場所にこだわる必要があるのです。
のぼりならではの目を引く効果を利用して、店内の強化したいコーナーや、
カウンター上に告知アイテムとして利用する。
そんな設置方法も検討してみる必要があるでしょう。

 

おススメは、京都のれん株式会社のオリジナルインクジェットのぼり旗です。

のぼり旗を使用するのであれば、オリジナルのものを制作した方がいいと言えるでしょう。
ありきたりなのぼり旗で他のお店と同じようなものを使用するのではなく、
自分たち独自のものを制作した方が個性も出ますのでいいと言えます。

個性のあるのぼり

他でもたくさん使われているだけに、差別化が必要になります。
オリジナリティの溢れるものの方が目に留まります。
らゆるシーンで活用出来るのぼり旗あや横断幕は、記憶にも残ります。

日本古来から伝わるのぼりの定義と用途

「のぼり」とは主に長方形の旗の左側と上部に乳とよばれる輪っかを縫い付け、
その輪っかに竿を通し立てるものです。

現在では、店頭に設置して看板や広告的な役割をしているものが大半です。
上部に固定する部分の無い「旗」は、風がないときはダラリとして
書いてある内容が見えませんが、「のぼり」は上部も固定されていますので
常に布が開いており、書いてある内容が見える事が魅力です。

内容が見えやすいという事では看板の方が優れていますが、
色とりどりで風になびく様子は固定されたものより
一層目に留まりやすいので、広告効果も上がります。

「のぼり」は日本独特の文化で、外国からの観光客は
街中にはためくこの布の数に驚きます。

「のぼり」は日本古来から伝わるもので、あちこちで戦が絶えなかった
平安時代から、戦国時代にかけては主に軍用旗として使用されていました。

戦の混乱の中では、敵と味方の区別がつきにくいことから、
この「のぼり」を立てる事で敵味方を見分けやすくする目的がありました。

のぼり旗を実際に制作するためには

そこでのぼり旗を制作するときに必要な費用ですが、
経費を節約するためにも出来るだけ抑えたいものです。

そのためにはどのようにすればいいのかというと、一度に多くの枚数を
印刷してもらうようにするといいでしょう。

例えば数枚を印刷してもらうのと数十枚を印刷してもらうのでは、
一枚の単価が変わってくるようになります。

単価が変わる

のぼり旗は一度に多くの枚数を印刷してもらった方が単価が
安くなるようになっていますので、一度に多くの枚数を依頼した方がお得になるのです。

のぼり旗は道路沿いなどの交通量の多い所ではすぐに汚れたり劣化してしまいます。
ですのでいつでもきれいなものを設置しておく為にも、たくさんの枚数を依頼するといいでしょう。

 

  初夏      秋冬     和食   フレンチ   イタリアン   割烹   ラーメン