売れる!のぼり研究会




めりはり

のぼりをどこに置くか。
とりあえず店舗前の道路においてはいないだろうか。
確かに、看板と違い動きのあるのぼりは、遠くからでも目にすることができるし、
動きのあるおかげでお客の目に入りやすいので、道路に置くのは間違いではない。

店舗前に置けば、店舗に位置をアピールすることもできる。
最も基本的なのぼりの使い方である。

サイズの種類

だが、狭い路地や小さな店の入口に所狭しと並べてはないだろうか。
のぼりは現在ではサイズが豊富。

スペース的に余裕がない場合には、サイズや置き方に工夫が必要である。
例えば少し小さめサイズののぼりにする。
そうすることで余裕のないスペースでも圧迫感なく置くことができます。

またのぼり同士が重なったりすることを防ぐこともできます。
サイズを変えたり変形にすることで、空間の見え方がガラッと変わります。
それは視覚的に与えるイメージもぐっと変わるものです。

のぼり旗の深い歴史を書物から読み解く

スーパーやコンビニエンスストアなど、多くの店舗で見かける「のぼり旗」、
その歴史は意外と古いということをご存じでしょうか。

一説によると、魏志倭人伝にも登場しているようです。
中国の歴史ものの映画やドラマを見ると、竿の先端に長い布をたなびかせている
シーンがありますが、この旗がのぼり旗の原型と言われています。

日本では日本書紀にも登場し、長い歴史があることが分かります。
昔は同じ形では無かったようですが、応仁の乱のころに
敵味方の区別をつけるために改良した形が、今ののぼり旗の形となったようです。

何も目印が無ければ、戦っている兵士は敵か味方かを判断することができません。
目印となる旗があることで、味方の位置も分かれば、逆に敵の位置も一目瞭然です。

日本国内でものぼり旗を掲げて、戦を繰り広げてきた時代があったのです。
今では戦に使用することはもちろん無く、販売促進以外にイベントやお相撲、
芝居小屋に神社など様々なシーンで利用されています。

用途

普通に作るだけではもったいない

しかし、もう一度よく考えてみよう。
のぼりはサイズや内容が自由なのである。
それならば、たとえば、店内のスペースにゆとりがあるのならば
特価のコーナーや、おすすめの商品の そばにミニサイズののぼりを置く。

こうすることで、コーナーを目立たせることができるし、
内装の変化が難しい店内でも変化ができ、めりはりがつく。
イベントなどの際には、雰囲気が盛り上がる。

のぼりのデザインやバリエーションが増えた今だからこそできる新しい使い方である。
こんな使い方も有効である。

コスト高  依頼者の希望  目立つ  雰囲気作り  経済的  魅力的   二の足   重厚感   防炎加工   傷みやすい   作成キット   付属品