売れる!のぼり研究会




重厚感

のぼり旗は主にお店のディスプレイに使用します。そのお店が何を売りにしているかなどを
一目瞭然にする効果があります。直売所のぼり

例えば、道の駅などで新鮮な野菜を売りにしている場合には、トマトのような
原色の赤やきゅうり、ピーマンをイメージした緑をのぼり旗に使用して
そのイメージを与え、またそば屋さんでは、紺色の渋い旗で
蕎麦の重厚感を出して本格的なものを提供するというイメージを作ります。

このように購買における第一印象は大切で、その感覚で客は
購入するかどうか決めることが一般的に多いです。

暖色系つまり色彩の使い方の良し悪しで、その表現によって
見る人に様々なイメージを与えます。

暖色系や原色は、賑やかな、楽しそうな感じを寒色系や
濃い色では落ち着いた雰囲気をその色彩で与える重要なものです。

この色のマジックをうまく活用して店づくりを考えるべきで、折込のチラシよりも
安価で商品購買のためにイメージ戦略ができるのがのぼり旗であると言えます。

 

HOME  のぼり製作費用  基本的な使い方  家紋入りのぼり  メニューのアピール  集客力を高める  のぼり色の配置  伝わりやすいのぼり旗  コスト高  依頼者の希望  目立つ  雰囲気作り  経済的  魅力的   二の足   重厚感のぼり旗   防炎加工   傷みやすいのぼり   作成キット  のぼりの付属品   のぼり専門   好きな柄   のぼり旗の存在感   知らせる   告知  SITEMAP