売れる!のぼり研究会




店舗

のぼり旗を使用したら高い効果が期待できるのは、集客力の低い立地にある店舗です。

例えば人通りが多い道路から奥に入った路地のお店などは、
なかなか人が通らないので集客力が低いわけです。

このような店舗がのぼり旗を使用することで、集客力を一気に高めることになるわけです。
まず通り沿いにのぼり旗を立てておくことで、お店の存在を知らせることができます。

派手なデザインとすることでより効果的に人の目を集めることができます。
たとえその宣伝内容が万人の興味を引くものではないとしても、つい目に留まるわけです。写真を入れる

そしてその大きなサイズののぼり旗全面に宣伝したいことをデザインすることで、
分かりやすくその内容を伝えることができます。

飲食店ならばお勧めの料理の写真などをプリントすることで、どんなお店なのかを
ほんの数秒で把握してもらうことができます。

それによって効果的に集客につなげることになるわけです。
また派手であると共にわかりやすく宣伝できることで、提供したいサービスや
料理を一目で伝えることが可能となります。

イメージしやすいそれが興味を引くことにつながるわけです。
チラシなどと比べても効果的に宣伝できることがのぼり旗の特徴です。

さらに毎日立てておくことで、継続して宣伝効果を維持することができます。
色あせてくれば新しいデザインに作り変えることで、再び注目度を
高めることになります。

作成費用もさほど高くないので、高い費用対効果を期待することができます。

のぼり旗の正しい数え方をご存知ですか?実は2通りあるんです

旗というと、戦国時代を思い浮かべる人もいるのではないかと思います。
それだけではなく、旗は今でも街中や学校の行事などで見かけることができる代物です。

ところで、旗の数え方をしっかり知っているという自信はおありでしょうか。
実は、旗は掲げられる数によって2通の数え方にをされます。

ポールに掲げられると「本」、1本のポールに複数の旗が掲げられた場合「枚」といった具合です。
その他、古くは「流れ」「旒」「棹」という数え方もされていたようです。

魚などの数え方だと、意表を突かれて覚えにくいものもあります。

しかし、こちらは旗のイメージとある程度は関連付けられる単位であるため、覚えやすいのではないでしょうか。
物の数え方はなかなか複雑ですし、現代においてとくに覚えている必要はないのかもしれません。

とはいえ、それでも立派な日本の歴史の一端です。
豆知識としてより詳しく調べてご友人に教えてあげるというのも、話として盛り上がるかもしれません。

コスト高  依頼者の希望  目立つ  雰囲気作り  経済的  魅力的   二の足   重厚感   防炎加工   傷みやすい   作成キット   付属品